私の部屋-ミニマリスト主婦ともこのブログー

子育てを楽に楽しみたい・暮らしやすいお家に住みたいと思っていたらミニマリストになっていた子育て主婦のブログです。

ベビー用品は収納せずに不要になったらすぐに手放したほうがいい理由

ベビー用品の収納ってみなさんはどうしていますか?

 

我が家には片付け当時1歳になったばかりの次女がおりまして、いくつかベビー用品と呼ばれるものを使用していました。ですが、月齢的にそろそろ1歳、気が付くと大量のベビー用品が押し入れの天袋にしまわれていました…

 

赤ちゃんがいるのに使わなくなった物が多いのはなぜだろう?と疑問に思っていましたが、それは赤ちゃんの成長に関係するためでした。そんなベビー用品ならではの特徴がいくつかあることに気付いたので、その部分も解説をしながら片付けた様子をご覧ください。

 

ベビー用品が溜まって困っている、片づけられない…とお悩みの方は、この記事を読んで納得して片付けを進めていきましょう!

 

目次

 

赤ちゃんの特徴

子どもが誕生してから1歳になるまでに急激な成長を遂げます。

 

体重は約3000gから約9000gと出生時の3倍

身長は約50cmから約75cmと出生時の1.5倍になります。

 

出生時は寝てばかりだった新生児期から寝がえり、ずりばい、はいはい、つかまり立ち、伝い歩き、1人立ち、1人歩行と1年で行動範囲がぐんと広がります。

 

始めはぼんやりとしか見えなかった目も追視が出来るようになり、徐々に首も動くようになり、手も動くようになり、物がつかめるようになり…次第には持ちながら歩くことだってできるようになります。

 

食事も出生時は母乳やミルクだったのが、徐々に離乳食が始まり、12か月ともなると離乳食完了期を迎えている赤ちゃんも多いです。

 

もちろん成長には個人差がありますが、どの赤ちゃんも生まれた時と同じ大きさ、同じ動きという赤ちゃんはいないという訳です。

 

こんなに成長著しいのは乳児期だけです。したがって成長に伴い必要な物・不要になった物の変化も著しいのです。

  

変化が著しいので物も変化が著しい

我が家の次女は先日無事1歳を迎えました。もう「乳児」ではなく「幼児」となり、それに伴って出産から今まで使用してきたベビー用品を全て片付けることにしました。

 

f:id:moko0702mo:20191015214151j:plain

 

お家にもベビー用用品たくさんありませんか?ベビーバス、ベビーベッド、プレイマット、食事用椅子、抱っこ紐、ベビーカー、ベビーサークルなど…ベビーの名の付く物は全てです。月齢別に様々な商品がありますので、気が付くと大量のベビー用品を持っていることに気付きますね。

 

明らかに使用しているベビーゲートは持ち込まなくてもいいと思います。外してしまうとかえって危険な場合がありますので。

 

赤ちゃん用のおもちゃも月齢によって分かれているものが多いので、赤ちゃんが使っていないと感じるおもちゃはこの際、一緒に片づけてしまうと楽ですね。

 

先日1歳になった子どものいる私の場合、ほとんどの物が「最近使っていないな」と感じる物ばかりでした。それは先ほどの特徴に当てはめるとよくわかりますよね。次女も急激に成長しているからです。

 

子供の成長に合わせて考える

我が家の次女の場合です。分別の際はご家庭のお子さんの場合を考えて片づけを進めてください。

 

  • 一緒の風呂に入っている
  • 食事は離乳食完了期(長女と同じ硬さの物も食べる)
  • ミルクは1日1回100ml程度
  • バンボは抜け出す、別に食事用の椅子あり
  • 1人立ちまで出来る
  • 移動はベビーカー、抱っこ紐使用(共に1つしかない)

 

他にもそのお子さんに合わせた項目で考えていただけると良いかと思います。あとは子どもに必要な物かどうか選んでいくだけです。

 

ですが、どうしても思い入れが深くて捨てられないと感じる物があれば無理に捨てる必要はありません。本当に必要な思い出は大切に取っておいてもいいと思っています。子育ての期間はあなたの大事な宝物なので。

 

私は上記の項目を考えながら分別してこれだけの物を捨てることにしました。

 

f:id:moko0702mo:20191015222342j:plain

 

物の行き先が決まる

捨てる物が少ないなと感じた方がいらっしゃるかと思います。そうです、大物のベビーバスやバンボ、哺乳瓶のキットがありません。実はこれらはベビー用品を片づける前から行き先がすでに決まっていました

 

哺乳瓶のキットは元々借り物だったので持ち主のもとへ帰りました。

ベビーバスやバンボは片づけを私が片づけを始めた当初は行き先不明の物でした。ですが、ベビー用品を片づける数日前に近しい友人の妊娠が分かりました。本人に確認したところもらってくれることになりました。

 

物は自分で行き先を選んできます

 

みなさんも片づけをしていたらたまたま欲しかった人に譲る機会があったという方も多いはずです。もしかしたら、物も次の居場所を求めているのかもしれないです。

 

いつか使うかも…と取ってあるものはありませんか?物も循環しますのでぜひ片付けをして物の居場所を作ってあげてくださいね。

 

貰い物はすぐに使った方がいい理由

子供の成長は著しく早く、特に「乳児」から「幼児」への成長は目まぐるしいです。また、この時期は出産祝い等で貰い物も多いですが「結局使わなかった」と言った物も多いはず。

 

でもそれは仕方のないことです。赤ちゃんは成長が早いので使う機会がなかったのは仕方のないことです。それに自分の生活や子どもには合わなかった、そういった物があるのも当然のことです。

 

もし今後も使用する予定がなければこれを機会に手放すことをおすすめします。いつまでも取っておいてもあなたの子どもには使う機会がありませんので。

 

貰い物が捨てにくい場合は私のように新しく生まれる赤ちゃんのために譲るのもおすすめです。使い古したおさがりを譲るよりは綺麗な物を譲られた方が嬉しいですよね。それに次の人が使ってくれれば、その物はしっかりと役割を果たしたことになります。

 

近くに譲れる方がいない、と言う方はフリマアプリを利用するのもいいですね。どんな手段にせよ、使わなくなった物は早めに手放してしまうことをおすすめします。

 

ベビー用品は早めの見直しが大切

 

赤ちゃんの成長の特徴を掴めばおのずと不要な物が見えてきますね。本当に赤ちゃんの成長スピードは速く、あっという間に1歳を迎えます。私もあの出産からあっという間に1年が過ぎたのかと思うと驚きです…

 

子育て中で大変なところ、片付けをするのは更に大変かと思いますが、不要になったら手放すというくせをつけておくと、お家を常にきれいに保つことが出来るようになりますよ。この記事を機に、みなさんも片付けてみてはどうでしょうか? 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ