私の部屋-ミニマリスト主婦ともこのブログー

子育てを楽に楽しみたい・暮らしやすいお家に住みたいと思っていたらミニマリストになっていた子育て主婦のブログです。

お気に入りの食器で毎日の食卓をときめかせてみませんか?

私たちが日々使っている食器、みなさんはどんなものを使っていますか?材質や形はデザインも様々ですが、それって本当にお気に入りの食器でしょうか?

 

私は割れたら悲しいからという理由で食器を1軍と2軍に分けて使っていたことがあります。来客があって見栄を張りたいときは1軍、普段使いの食器は2軍でした。

 

ですが、毎日の食事に使う食器が2軍では食事もいまいちぱっとしませんよね。出来るなら毎日こだわりの物を使いたいところです。1軍2軍なく、全てお気に入りの食器使うようになれば毎日の食卓が楽しい物に変わることは間違いありません。

 

今回はそんな食器をこんまり流で片付けていきます。本当に必要な物だけを残すと食卓が一気にときめきます。みなさんも食器を片付けて理想の食卓を手に入れませんか?

 

目次

 

食器は増えやすい

食器は種類が多く、形が少し違うだけで用途が変わってきます。魚を食べると言うだけでも焼き魚用の角皿、刺身用の豆皿、煮魚用の大きな器など、思いつくだけでも3種類の器が出てきました。食器を用途に合わせて使うと食卓が賑やかになりますよね。食事にこだわっている方は食器の枚数も多くなるのではないでしょうか?

 

子育て中の方は子どもが割らないようなお皿を多く集めがちです。プラスチックやゴムが付いた商品など、子育てで食事に関するグッズは多く販売されていますからついつい買って、そのままになっている食器もあるかと思います。

 

また様々な食器は集めるだけでも楽しいですよね。キャラクター物の器は集めだすときりがないほどです。どれも毎日使う物は愛着も生まれてくるので捨てられない物も多いです。

 

使っていない食器、残っていませんか?

持ちすぎて使っていない食器も多いのでは?物は常に使われることを願っています。これを機に、ときめく物だけにあふれた食器棚にしていきましょう。

 

f:id:moko0702mo:20191023211302j:plain

 

ときめく物だけを残す方法は1つ1つ手に取ってみることです。そして、自分のなりたい姿・したい暮らしの中にその食器があるかどうかを感じることだと思います。

 

頂いたけれども趣味と合わない

ペアだったのに片割れしかいない

ノベルティでもらった

欠けているけれどまだ使っている

本当は気に入らないけれども使っている

 

これらの中でも本当に気に入ったものがあれば残しても良いのですが、大半は使わなくなって食器棚の奥にしまわれているのではないでしょうか?自分がときめかないと感じたものはたとえ新品でも手放すことをおすすめします。

 

プレゼントの役割を考える

こんまり流ではプレゼントはもらった段階で役割を終えているとされています。使う・使わないは個人の自由、あなたの自由なので、捨てにくいと思わずに必要がなければ手放しましょう。

 

使ってもいないのに手放すのは気が引けると言うのであれば、この片づけを機に使用するのもいいかもしれません。使ってみることによって本当に必要か不要かがはっきりします。食器は使ってこそ輝くと思っています。ぜひ素敵な食器はしまわずに普段使いしてほしいです。

 

高い食器こそ普段使いする

お値段の高い食器を食器棚にしまいっぱなしにしていませんか?私が1軍と決めていたように来客用にとっておいていませんか?

 

せっかく気に入って購入した食器を毎日使わないのはもったいないです。そういった食器こそときめく物だと思うので、ぜひ普段使いしたいですね。

 

ときめく食器でティータイムや食事をすると、いつもより安らげたり、美味しく感じられる物です。食器とは本来そう言った役割もあるのですから、ぜひお気に入りの食器で素敵な時間を過ごしてほしいです。

 

子どもにも陶器を

子どもが大きくなったら…と考えている方はぜひ今から使わせることをおすすめします。なぜなら親であるあなたが物を大事にしている姿を子どもはしっかりと見てるからです。

 

我が家の3歳・1歳も食器は陶器を使っています。私が高いな…と思いながらも奮発して買ったイッタラの食器も使わせています。飲み物を飲むときも基本はグラスを使用しています。

 

私も最初は不安でしたが、投げたり・落としたりすることなく使っています。もちろん安全に使うように言葉がけはしますが、子ども達も分かっているのか故意に割ることはありません。もし仮に割れてしまっても、「乱暴に扱うと物は壊れる」と言うことを教えるいい機会になると思って使わせると心に余裕を持って使わせることが出来ますよ。

 

幼い頃から陶器になじみがあると物を大切にする心が育つと私は思っています。子どもは経験から学ぶものなので、色々な経験をさせてあげたいですね。

 

それに、大人でも不注意で割ってしまうことだってありますから小さいお子さんがいても素敵な食器を使うことを諦めないでください。私が片づけを始めたきっかけも「子供を言い訳にしたくない」でしたし、子どもと一緒でも叶えられる暮らしはあります。

 

ぜひ、あなたのときめく物を大切な人・子どもにも使わせてあげてください。

 

調理のストレス軽減にも

 

f:id:moko0702mo:20191023215120j:plain

 

食器が好きな方の食器棚はもっと華やかでしょうか?ミニマリストを目指す方でしたらもっと少ないのでしょうか?私は使いやすさ重視な面がありますので、このくらいの量になりました。

 

普段よく使う食器が中段にあるので食器の出し入れがスムーズです。後ろに食器をほとんど置かなくても収納出来ました。

 

片づけをすると物が無理なく配置されていること、物の場所や位置・量を把握していること、これらのことから行動がスムーズになります。食器選びに悩んでいる時間も省けて、料理時間の短縮に繋がります。

 

スムーズに事が運ぶとストレスを感じない物です。食事の支度が面倒だと感じている方、もしかするとキッチンが片付いていないことが原因かもしれません。片づけをしてストレスフリーなキッチンになると料理が楽しくなりますよ。

 

カトラリーの片付け

 

f:id:moko0702mo:20191023220702j:plain

 

ご紹介していなかったカトラリーは片付けによって使いやすくなりました。カトラリーケース、スプーン、フォークは無印良品の物を使用しています。

 

手にしっくりなじむ感じが気に入って購入しました。滑らかなステンレスなのでお手入れがしやすいところもいいですよ。カトラリーをもらい物や大きさが違う物を使っていませんか?小さなことですが、カトラリーを同じものに揃えるとすっきりしますよ。

 

こんまり流ではカトラリーもVIP待遇に、とあります。毎日使って、体に近い物をVIP待遇することを推奨しています。確かに毎日使う物ですから、大切に扱いたいですね。

 

私がカトラリーを収納している場所はキッチンの丁度中央の引き出しです。そして1番取り出しやすい場所でもあります。これがVIP待遇かどうかは分かりませんが、使用頻度が高いので取り出しやすい場所にあると便利です。

 

理想の食卓は食器から

自分がどういった暮らしを目指すかによって食器の量も変わってくると思います。ですが、ときめかない物を捨てるだけで確実に物は減っていきます。食器で溢れていた棚も絶対に溢れることはなくなります。

 

片づいた食器棚は使い勝手も抜群ですし、見ているだけでも心躍る場所に変わります。毎日の食卓が華やぐと食事も一層楽しくなるものです。

 

この機会に食器やカトラリーの片づけをしてみませんか?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ