私の部屋-ミニマリスト主婦ともこのブログー

子育てを楽に楽しみたい・暮らしやすいお家に住みたいと思っていたらミニマリストになっていた子育て主婦のブログです。

節約・ダイエットにも効果がある食料品の片付けは「足るを知る」のが大事です

食料品って気付けばキッチンに溢れかえっていますよね。

引き出しの中には調味料がいっぱい…冷蔵庫の中はスペースもないほどぎゅうぎゅう…そんなお家も多いのではないでしょうか?我が家もみなさんと同じようにキッチンの中には食料品があふれていました。

 

この記事ではこんまり流の片付け方で食料品を片付けています。片付けることでキッチンが今以上に使いやすくなります!そして実は食料品の片付けは節約やダイエットにもつながるんです!

 

キッチンを片付けたいという方はもちろん、節約したい…ダイエットしたい…とお悩みの方もぜひ読んでみてください。

 

目次 

 

食料品の片づけ

 

こんまりの片付けでは冷蔵庫の物は全て出さなくても良いとされています。それでも大量の食料品がキッチンには眠っています。

 

我が家のキッチンにもたくさんの食料品がありました。こちらはその一部になりますが、冷蔵庫内の物と飲料を合わせるとキッチン全体に広げなければならい程の量でした。みなさんのお家はどうでしょうか?

 

f:id:moko0702mo:20191029200528j:plain

 

f:id:moko0702mo:20191029200549j:plain

 

食料品の保存場所

今回出したこれらの食料品は様々な場所に保存されていました。冷蔵庫はもちろんですが、キッチンの至る引き出しに保存されていました。こんまり流の片づけでは全部出しが基本ですから、以下の場所に注意して全部出しを行ってください。

 

キッチンの引き出し

吊り下げ式の収納

食器棚

カップボード

床下収納

テーブルの上

キッチン以外の収納棚

パントリー

物置

 

食料品は家の至るところにあることが分かります。見つけられない場合は全捨て、と言う気持ちで集めてみてください。掘り出し物がたくさん眠っているのでは?

 

食料品は種類が豊富

食料品と言っても幅広く種類がありますよね。冷蔵庫に入っている生物から乾物、インスタント食品、缶詰め、調味料…数えだしたらきりがありません。

 

忘れてはならないのが飲料系です。ジュースお酒、お水、溜め込んでいませんか?これらも食料品に含まれますので大変ですが、全部出しをしてみてください。意外と大量に持っていることに気付けますよ。

 

私はお酒好きでよく飲んでいるのですが、空いていない瓶が6本もあり、同じお酒が2本もあったのには驚きました。どれも増税前に買って、そのまま戸棚の奥にしまわれていました。瓶・缶は場所を取るので溜めすぎには注意が必要です。

 

調味料をカスタマイズ

様々な分野の料理を作ると、たくさんの調味料が必要になってきます。ですが、1度作ってもう使わなくなった調味料はありませんか?そういった調味料は大概賞味期限が切れています。もう1度使う、と思っていながら使われずに今日を迎えました。この味は好きではなかった、私には合わなかったと思う物はこの際全て捨ててしまいましょう。

 

自分のよく使う調味料だけが残ると料理の際に使いやすいですよ。

 

探す手間も省けるので無駄な時間が減り料理時間の短縮に繋がります。

しまうのも簡単なので後片付けも楽です。

 

私はここを片付けたことで料理をするのが楽しくなりました。夫さんや子ども達も物の場所が把握できるようになったので、自分が取りたい物を自分自身で取り出せるようにもなりました。いちいち「これはここだよ。」「あれはここだよ。」という手間が省けてストレスもなくなりました。

 

f:id:moko0702mo:20191029204814j:plain

 

片づけをすると無駄買いが減る

 

f:id:moko0702mo:20191029201326j:plain

 

こちらは今回の片づけで見つかった2本のポン酢です。見つかった場所はキッチンの引き出し。中と冷蔵庫の中でした。キッチンの片づけをしているとこういうことは良くあります。片づけをする前のキッチンはこういった状態だからです。

 

物の量を把握していない

物の定位置が決まっていない

 

きちんと片づけたキッチンでは自分自身がきちんと物の量を把握していますし、物の定位置も決まっています。ですから、もうこういった無駄な買い物はしなくなります。

私も今回痛いくらいに学ばせてもらいました…無駄買いをやめるためにも片づけは絶対にした方がいいです!

 

大容量は選ばない

 

f:id:moko0702mo:20191029201724j:plain

 

こちらは北海道ではお馴染みのジンギスカンのタレです。北海道ではお家でジンギスカンを食べる機会が多いです。我が家でも子どもがいない頃はよくジンギスカンを食べていましたが、子どもが生まれてからはその頻度が減っていました。それでもタレは大きいサイズを用意していました。

 

よく使うと思っている物は大きいサイズを選びがちです。大容量は価格も安いですし、大量にあるので安心して使うことが出来ます。ですが、本当にそんなに必要な物でしょうか?

 

毎日のように使う物なら大容量でも使いきれると思います。毎日使わない物は大概使いきれなくて気がつくと賞味期限が切れていたり、引き出しや冷蔵庫の肥やしになっていることがほとんどです。我が家でもジンギスカンのタレが冷蔵庫のようになっていました…他にも大量のタピオカ、2kg入りの冷凍の鶏肉などがありました。

 

使いきりサイズだと割高に感じるかもしれませんが、無駄買いが減るので節約に繋がります。また、常に物が新鮮な状態なので美味しく頂けます。安さだけを考えるのではなく、自分の暮らしに合っているかを考えて食材も選んでいきたいですよね。

 

f:id:moko0702mo:20191029204947j:plain

 

大量消費の日を作る

賞味期限切れの物やもう食べない物は捨ててしまうのは仕方ないですが、出来れば美味しく頂きたいですよね。そういった時は本にも書いてありますが、大量消費の日を作るのがおすすめです。

 

消費したい食材を使いきるつもりで料理をしてみてください。思った以上にたくさん作れます。我が家は消費したい食材だけで2日間過ごすことが出来ました。

 

捨てることなく美味しく頂けたので罪悪感もなく、むしろ食べ物に感謝すらしました。お買い物へ行く頻度も減るので節約にも繋がりますよ。食べきれない食材がある方はぜひお試しください。

 

足るを知る

片づけをしてからこんな変化がありました。

 

無駄買いがほとんどなくなった

週1回の買い物でやりくり出来るようになった

なくてもどうにかなる、何かで代用しようと思えるようになった

料理がますます楽しくなった

食べ過ぎなくなった

 

全ては片づけたことによって起こった変化です。食料品の片づけをしただけで、これだけの嬉しい変化がありました。

 

特に1番下の「食べ過ぎなくなった」は大きいですね。今までは足りなかったらどうしよう…と言う気持ちが常にあり、毎回の食事を作りすぎていました。残った物がもったいなく感じ、苦しいけど食べると言う食べ過ぎの毎日でした。

 

それが、片づけをしてから作りすぎなくなりました。ちょっと少ないくらいで作って、足りなかったらその時考えようと思えるようになったからです。

 

実際料理の量が減っても困ったことはありません。むしろ食事を廃棄する量が格段に少なくなりました。食べ過ぎもなくなり、食後の苦しさや胸焼けから解放されました。食べてすぐ動けるようになったので片づけも苦にならなくなりました。体重の変化は分かりませんが、心なしか顔のラインがしゅっとした気がします。

 

片づけをして足るを知る

 

片づけは節約になって、体調管理にもいい。食料品を片づけただけでこれだけの変化が感じられるのですから、ぜひ皆さんにも試してほしいです。

 

節約・ダイエットの前に片づけましょう!

キッチンがきれいになると家事の時間が減りますし、物を探すストレスからも解放されます。そして無駄買いがなくなることによる節約、食べ過ぎ防止によるダイエット効果にもあります。片付けは下手な節約術やダイエットより効果がありますよ。

 

皆さんも騙されたと思って、食料品の片づけをしてみませんか?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ